求人誌に掲載されていた大手イベコン募集で始めたアルバイト

面接をする事になりましたが、面接というよりも登録でした

電話をかけて面接をする事になりましたが、面接というよりも登録でした。
女の子たちを派遣してイベントを盛り上げるのがメインの仕事という事で、いわば派遣会社です。
だから面接官がずらっと並んでいて、ドキドキするようなあらゆる質問をされることはなく、女性スタッフが1人出てきて、パーテーションで仕切られたイスとテーブルで、紙の用紙に個人情報や稼働できる曜日や日程など、また希望の種類などを書き込んでいきます。
アンケート式の用紙なので難しいことはなく、最後に将来の夢は何かという項目もありました。
これは本格的にコンパニオンをやって、いずれは芸能界に入りたい人向けなのかな、とも感じたことです。
働き方としての希望は、週末だけ出来ることが良いと伝えました。
話を聞いてみると東京ビッグサイトなどで開催される大きなイベントに参加する女性は、みな事前にオーディションを受けるそうです。
審査にとってから開催日までには、事前リハーサルがあったり、企業のサービスなどを暗記したり、何かと時間と覚えることも多いということ、本格的にイベントコンパニオンとして活躍する女の子たちがメインということでした。
自分が希望をしたのはそうしたオーディションもなく、事前の何回も足を運ぶようなリハーサルも出来るだけない方が良い仕事ということです。

休日を利用してアルバイトをしたいと思い見つけたのがイベコン募集面接をする事になりましたが、面接というよりも登録でした仕事は次々に入ってきて、かなり効率よく稼げる仕事です

イベコン 募集 : 日テレイベコン